【福岡市博多区】博多祇園山笠が開幕!今にも飛び出してきそうな迫力満点!圧倒的なスケールの「ガンダム山笠」が登場!

今年(2024年)も博多の夏の風物詩、「博多祗園山笠(以下、山笠)」が2024年7月1日(月)から開幕しました!

今年(2024年)も福博を題材にした標題や、おとぎ話、アニメの他、能登地方を題材にした標題など多彩な標題の13基の飾り山笠が登場している中、特に話題を集めそうなのは、八番山笠・上川端通に登場する「機動戦士ガンダム」シリーズです!

博多祇園山笠に、ガンダムが初登場!

今回ガンダムシリーズ45周年と走る飾り山笠の登場から60周年を迎える川端商店街の夢のコラボレーション企画が実現!

「ガンダム博多迅雷伝」コラボレーション山笠が飾られているのは上川端商店街。博多リバレインを背に歩いていくと、

©創通・サンライズ

見えてきたのが八番山笠・上川端通の飾り山笠(見送り)「ガンダム 博多迅雷伝」です。

映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場するν(ニュー)ガンダムやサザビーなどのモデルスーツが飾られていて、今にも飛び出してきそうな迫力満点!圧倒的なスケールの飾り山笠です!

「ガンダム博多迅雷伝」コラボレーション山笠 お披露目会が開催されました!

提供画像 ©創通・サンライズ

7月1日(月)10時から行われた「ガンダム博多迅雷伝」コラボレーション山笠 お披露目会には、テレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』オープニングテーマ「水の星へ愛をこめて」でデビューした福岡出身、森口博子さんが登場。
「ガンダムにも使われている青を意識した衣装でやってきました!」と挨拶され、ガンダムの名言を入り交えながら、上川端商店街振興組合理事長の正木研次さん八番山笠総務の長崎正洋さん、ガンダムの飾りを手掛けた人形師の田中勇さんと、ガンダムや山笠に対する熱い思いを語ってくださいました。

©創通・サンライズ

ガンダムの大ファンだという人形師の田中勇さん。
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡の実物大νガンダムの設計図面や過去のガンダムシリーズを参考に、睡眠時間を削りながら作り上げたそうです。ひとつひとつ緻密に再現されていて、ファンだからこそ表現できた渾身の作品となっています。

人形師の田中勇さんは「ガンダム博多迅雷伝」の表、「不惜身命真田幸村公」の飾りも手掛けられています。こちらも迫力満点!魂のこもった作品となっていますよ。

提供画像 ©創通・サンライズ

上川端商店街振興組合理事長の正木研次さんは「上川端通の櫛田入り60周年と、ガンダム45周年のコラボで大変うれしく思う。この迫力を間近で見て、走る飾り山笠を楽しんでいただけたら」と今回のガンダム山笠の意気込みを語ってくださいました。

提供画像 ©創通・サンライズ

高さ10メートルを超える豪華絢爛さ!見るものを虜にする八番山笠・上川端通の飾り山笠。7月12日には本番のリハーサルにあたる「追い山笠ならし」で、7月15日早朝には「追い山笠」で博多の街を駆け抜けます!

上川端商店街はこのあたり

2024/07/06 08:00 2024/07/06 08:00
hideko

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集